見えない矯正

裏側(舌側)矯正

歯の裏側に装置を付けるワイヤー矯正です。

矯正装置が外からは見えないため、他人に気づかれずに矯正治療をを行うことができます。

矯正をしたいけど、矯正装置を付けていることが他人に分かってしまうのは嫌だなと思っている方、職業柄人前に出ることが多く、表側の矯正ができないなという方には、裏側(舌側)矯正がオススメです。

メリット

  • 歯の裏側に装置を付けているため、人から気づかれない。
  • 唾液の作用により、矯正中の虫歯のトラブルがおこりにくい。
  • 装置の構造上、前歯を効率的に治療しやすい。
  • 矯正後の後戻りのリスクが少ない。
  • 外食に気兼ねなく行ける。

デメリット

  • 慣れるまでは、発音がしづらい。
  • 自分でも見えにくいため、歯磨きがしづらい。
  • 表側矯正の装置より費用が高い。

マウスピース矯正

取り外し可能で透明な「マウスピース」を用いて行う矯正治療です。
ワイヤーを使用しないため、従来の矯正装置に比べると見た目は付けているのがほとんどわかりません。
マウスピースは患者さまごとにオーダーメイドで製造し、経過を観察しながら定期的に装置を交換して、理想の歯並びに近づけていきます。

メリット

  • 透明でほとんど目立たず、人から気づかれにくい。
  • 取り外し式で歯磨きはいつも通りできるから衛生的。
  • 金属アレルギーの方でも治療可能。
  • 痛みが少ない。
  • 食べたいものが食べられる。

デメリット

  • 1日17時間以上装着する必要があり、患者さま自身が使用しなければ治らない。
  • 歯を大きく動かすケースには向かない。

治療の流れ



1.初診相談(約90分)

患者さまの歯に関する悩み、ご希望、矯正治療に対する心配ごとなどをうかがいます。
診察のうえ、治療法について説明します。
治療メリット・デメリット、期間や費用についてもお伝えします。

2.精密検査(約60分)

レントゲン撮影、歯型取り、口の中の写真撮影などを行います。

3.診断・治療計画の説明

精密検査の結果に基づき、治療計画を詳しくご説明します。

4.スタート

矯正装置を取り付け、矯正治療をスタートします。
※矯正治療スタートまで、3~4回の診察をしています。

5.矯正治療(約2~3年)

3~4週間に1回ご来院いただき、矯正装置の調整を行います。
治療期間は、患者さまによって異なります。

6.保定・観察(約1~2年)

歯並びが戻らないように、保定装置を付けます。
3カ月に1回ほどご来院いただきます。

KEIKO KATAKURA DENTAL CLINIC ますだ歯科
ご相談はこちらから