こんな症状でお悩みの方へ

出っ歯(上顎前突)

上の歯並びが下の歯並びよりも大きく、前に出た状態。
口呼吸で口の中が乾きやすい(ドライマウス)ため、風邪や気管支炎になりやすい。

受け口(下顎前突、反対咬合)

下の歯並びが上の歯並びよりも前に出た状態。
成長に合わせて進行しやすいため、早めの治療が大事。

歯並びがたがた(叢生)

顎が小さく、歯が重なって生えている状態。
歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯周病になりやい。

歯が噛み合わない(開咬)

前歯が噛み合わず、隙間がある状態。
ドライマウスや顎関節症になりやすい。

症例はこちら

下の歯が見えない(過蓋咬合)

前の歯の噛み合わせが深く、上の歯で下の歯が見えない状態。
ドライマウスや顎関節症になりやすい。

前の歯の噛み合わせが深く、上の歯で下の歯が見えない状態。
ドライマウスや顎関節症になりやすい。

症例はこちら

部分矯正

目的に合わせたプチ矯正も行っています。
全体の矯正との違い、それぞれのメリット、デメリットをお伝えしたうえで、治療を進めていきます。

症例はこちら

KEIKO KATAKURA DENTAL CLINIC ますだ歯科
ご相談はこちらから